IT業界の営業の厳しさ

IT業界にとって、営業の位置づけは非常に厳しい、難しいといえるでしょう。もちろん、会社のビジネスにょっては営業ならではの仕事があるのですが、人脈以外は一切役に立たないというビジネスもあります。トップビジネスだけであれば、非常に営業の位置づけも大きいのですが、現場に行けば行くほど営業としての役割は薄くなることは間違いありません。

個人的にも営業としてのスキルには自信があったのですがはっきりいって、プログラムのことなどさっぱりわからない中での仕事は苦痛に近いものがありました。要するにSEやSI的な位置づけでなければ、役に立たないのが商談の中でも良くわかりました。これまで営業として人脈だけではなく、ビジネスモデルに関してもいろいろなところで役割があったのが非常に寂しいところではありますが、これからもやめることなく、業界の知識を身につけて、少しでも実務に役立つ人材に生まれ変わることを念頭においています。

IT業界は体力的にきつかった

私は過去にIT系の会社に勤めていたのですが、現在は辞めて他業種の仕事に就いています。
今回は私がIT業界を辞めたいと思った理由などについて色々と書きたいと思います。
私がIT業界を辞めたいと思った理由は色々とあるのですが、1番大きかったのは仕事が忙しくて体力的にキツかったという事でした。
この辺りは勤めてる会社にもよると思うのですが、私が勤めていた会社の場合は結構忙しくて残業も多かったです。
出社してから終電までみっちり働いたのに、家に帰っても自由時間がほとんど無いなんて事も多かったので結構なストレスが溜まりました。
給料に不満を感じることは無かったのですが、1日の大半を仕事に費やす日々には日頃から疑問を感じました。
また20代の時点でも体力的にキツかったので、この仕事に忙しさに見合うだけの将来性があるのかとも考えました。
出世できるほど自分の能力に自信が無かったので、体を壊すリスクを負ってまでストレスが溜まる生活を続けるメリットが感じられず、最終的には辞める事にしました。
あの忙しい日々に戻れるかというと、今では絶対に無理なので、少なくとも私にはIT業界は合わないと感じています。

IT業界の労働環境は厳しい場合もある

IT業界は他の業界に比べて辛いことが多いと思います。IT業界の仕事は目に見えるものが少なく、実際の仕事量に比べて他人から見える仕事の量が少なく見えがちです。このことが引き起こす問題は、仕事量の調整がうまくされないことです。上司からしたらまだまだ余裕があるように見えても、部下はすでにいっぱいいっぱいであることがあります。

私もそういった経験をしたことがあります。あるプロジェクトでチームリーダーをしつつ、他のプロジェクトのヘルプをしていた時期がありました。チームリーダーの仕事だけでもきついうえに、ヘルプの業務でさらに仕事がかさみました。あきらかに自分が抱えられる業務の量を超えていましたが、上司はそれに気づかずフォローを入れてくれるどころか、プロジェクトの進行が遅れていることを私のせいにして叱責をする始末でした。当時は本当に潰れかけましたが、今はその職場を離れて元気に仕事をしています。

IT業界は華やかな部分もありますが、労働環境にはまだまだ問題が残っています。辛いときはその職場を離れるのも一つの手です。

呑気なIT会社社長に苛立つ

IT業界で働いていていた時に「仕事辞めたーい!」と思った時の要因のひとつは社長ですね。私が当時勤務していたIT関連会社は、社長は元技術屋さんだったとは聞きますが、私が入社した当時は既にもう「日中に社内をプラプラしている人」になっていましたので、納品前の忙しい時なんか非常に腹がたつ存在となっていたわけなんです。

しかも中途半端に営業に絡んでいますので、割に合わない仕事を取ってきては得意顔で現場に無茶振りとも言える内容で仕事をするわけです。現場で実際に働いている人間からしてみたら、「こんな割に合わないやっすい仕事、取ってくんなボケー!」というものですよ。

それにも関わらず、「あの仕事はもうできたか?」と、しょっちゅうやってくるものですから、「シランガナー!こんな職場やめてやるー!」とも、思ってしまうというわけでしょう。そのぐらいに、IT関連の職場の納品前という時期は、見た目は静かでも個々の内心は荒れまくっているわけですからね。呑気な社長に苛立ち「辞めたるわー」という気持ちには何度もなりましたね。

わたしがIT業界をやめた理由

わたしは、30代の男性です。大学を卒業してからずっとシステム開発の仕事をしてきました。システム開発の仕事は、忙しいときは終電だし、自社に泊まり込みの作業していることもざらにあります。この業界で数年働いているので業界のことはだいたいわかります。わたしは、なぜこの業界に入ったかというと小さいころにロケット作る夢をもっていたのです。その夢に近づきたくてIT企業に就職を決めたのです。この業界は、黙々と作業を行うことが多いです。たまに会議などもありますが。一日中パソコンに向き合う日々で、忍耐力、体力、頭の使う仕事です。回りの人は、うつ病になり会社を辞めたりする人もいました。そして、この仕事は目を使うので、目にかける負担がすごく大きいです。わたしは、最近目の調子が悪くて眼科へ行きました。すると、かなり目の状態がよくなかったみたいで入院して手術が必要だと言われました。そして、会社を2週間くらい休みました。私は、白内障の恐れがあり、このまま進行すれば目が片方見えなくなると言われたのでIT企業をやめました。今は、安定している公務員の仕事をしています。

IT企業と病気

わたしは、30代の男性です。都内で妻と子供で暮らしています。大学を卒業してから、システム開発の仕事をしています。ほとんど、こもって作業をする仕事をしているので目が疲れます。納期が近づくと、終電で帰ったり、会社で寝泊りすることもあります。最近、目の調子がおかしいと思い眼科へ行きました。医師から白内障と言われいました。さらに、そのまま病状が悪化すると失明の可能性もあると診断されました。すごくショックでした。その後、会社を休んで手術することになったのです。北海道から父と母がきました。そして、妻の両親も心配してきてくれました。北海道の両親とは、あまり連絡をとっていなかたので父親にひどく怒られました。目が悪いのは、遺伝のせいもあるのです。わたしの父もあまり目がよくないのです。とにかく、手術をしてみんなに迷惑や心配をかけてすまない思いでいっぱいでした。手術後、順調に目の具合はよくなってきました。以前の会社は、辞めました。しかし、いまでも定期的に病院へ通っているので、残業がほとんどない会社へ転職しました。

辞めてスッキリしたIT業界

せっかく情報処理の資格を取得したり、IT業界で働きながらスキルアップしたので、この業界を辞めるのはもったいないなと考えていましたが、おもい切って辞めてスッキリしました。やはりパソコンを使った仕事なので、人と会話する時間はミーティングを行うなど、決まった時間になりますし、あまりコミュニケーションがない職場でメールやチャットでのやり取りになるため、偉大に人間的な活動ではないなと感じるようになりました。転職して全く違う仕事に就きたいと考えるようになり、人と関わるような仕事をしたいと考え、幼児教室の講師へ転職することにしました。IT業界は、常に納期に追われたり、より良い製品を開発するためコスト削減にて、少人数での開発を行い、かなりの残業時間になることもあるため、けっこう体がきつくなることも多く、女性には辛い仕事だと感じることがありました。不規則な生活でストレスも溜まっていたので、体調不要になりました。

IT業界をやめた理由は直接的には子育て

IT業界をやめた理由は、端的に言えば「結婚をしたから」です。当方女性ですし、家庭の主婦業をしなくてはならない方ですので、家庭に時間を割くためにもIT業界を辞めたのです。

とは言いましても、結婚してもしばらくは続けていました。けれども「子育て」を考えた際に、私がプロジェクトチームに入っていることで迷惑もかけると思い、妊娠したこともあり出産前に退職したのです。いさぎよく身を引きました。

嬉しいことに引き止めてもらえたのですが、しかし「私がIT会社にいる」ということで、やっぱり「戦力」として見るわけじゃないですか。そしてただでさえ人手不足の会社ですから、期待されるわけじゃないですか。

プロジェクトが本格的に動き出す前には「大丈夫、ちゃんと家庭の時間も取れるよ」なんて言いつつも、いざ忙しくなってくるとそんなことを言っていられないだろうと思いましたので。ですから、ここはもう身を引く方が双方にとって良いと思ったのです。ですから退職したのです。

ちょっと得したようなIT業界退職体験

IT業界はまず、バイトか正職員かでその負担度合いというか、責任度合いは大きく異なると思います。私の場合、IT業界で働いていて正社員であることを辞めた後は、わりと楽しく働けています。やはりIT業界だけではないと思いますが、正社員で働きますと責任が違ってくるわけです。

しかも、よっぽど仕事ができない人を除いては、経験や年齢とともに上の役職になりますから、当然責任もどんどんと重くなっていくわけです。けれど、結婚をして子どもがいれば、家庭との両立が難しくなるわけですから、どちらにも支障が出てきますからね。

これで独身だったり、子どもがいなかったりすれば、もっと仕事に打ち込めることでしょうけれど。しかし子どもがいる場合は違ってきますよ。とくに女性は。

だからこそ私にしてもIT業界の仕事は好きなものの正社員でいることを辞めたのです。けれど人手不足だということもあって、アルバイトでは入ったのですが、そうすると肩の荷が全然違って、私はかえって楽しめました。なんだかちょっと得したような気もした退職体験でした。

わたしがIT企業を辞めた理由

わたしは、大学卒業後、大企業のエンジニアとして仕事をしていました。初めの2~3年は順調に仕事をしていたのです。しかし、入社して3年たったころ会社の経営が芳しくない状況になり、中国の方で仕事をするように伝えられたのです。しかし、わたしは、中国に行きたくなかったので転職を考えていました。そのとき、彼女と結婚するしないの問題もあったのです。結局、結婚をして彼女の実家でしばらくの間失業状態でいました。嫁の実家に居候です。そして、約1年たって東京に再就職しました。公務員関係の仕事です。そして、その後子供も生まれ、1人寂しく単身赴任の生活が始まりました。東京の家賃は高いので、再就職して家族を養えるほどの収入もなく、嫁は実家の方で仕事をしてもらい嫁の両親に子育てを手伝ってもらいました。私が、月に一度か二度嫁に実家に帰省するような生活をしていたのです。数年たち、子ども成長しお金もある程度たまったので家族を都内に呼び寄せました。