IT業界の営業の厳しさ

IT業界にとって、営業の位置づけは非常に厳しい、難しいといえるでしょう。もちろん、会社のビジネスにょっては営業ならではの仕事があるのですが、人脈以外は一切役に立たないというビジネスもあります。トップビジネスだけであれば、非常に営業の位置づけも大きいのですが、現場に行けば行くほど営業としての役割は薄くなることは間違いありません。

個人的にも営業としてのスキルには自信があったのですがはっきりいって、プログラムのことなどさっぱりわからない中での仕事は苦痛に近いものがありました。要するにSEやSI的な位置づけでなければ、役に立たないのが商談の中でも良くわかりました。これまで営業として人脈だけではなく、ビジネスモデルに関してもいろいろなところで役割があったのが非常に寂しいところではありますが、これからもやめることなく、業界の知識を身につけて、少しでも実務に役立つ人材に生まれ変わることを念頭においています。