IT業界の労働環境は厳しい場合もある

IT業界は他の業界に比べて辛いことが多いと思います。IT業界の仕事は目に見えるものが少なく、実際の仕事量に比べて他人から見える仕事の量が少なく見えがちです。このことが引き起こす問題は、仕事量の調整がうまくされないことです。上司からしたらまだまだ余裕があるように見えても、部下はすでにいっぱいいっぱいであることがあります。

私もそういった経験をしたことがあります。あるプロジェクトでチームリーダーをしつつ、他のプロジェクトのヘルプをしていた時期がありました。チームリーダーの仕事だけでもきついうえに、ヘルプの業務でさらに仕事がかさみました。あきらかに自分が抱えられる業務の量を超えていましたが、上司はそれに気づかずフォローを入れてくれるどころか、プロジェクトの進行が遅れていることを私のせいにして叱責をする始末でした。当時は本当に潰れかけましたが、今はその職場を離れて元気に仕事をしています。

IT業界は華やかな部分もありますが、労働環境にはまだまだ問題が残っています。辛いときはその職場を離れるのも一つの手です。