マネジメントが弱い

IT業界はむかしからブラックだといわれがちですが、今は実際にはそんなことはないと思います。勤務時間などに関しては労務管理で非常に厳しい指摘を政府から指摘されますのできちんと行っています。

ところが、ビジネスのマネジメントに関してはタイムマネジメント、コストマネジメントともにいかにいい加減かうんざりしているところです。これは現場だけではなく、トップに関しても同じことです。これからもこれまでも同じことが続くのではないかと思います。

これまではお客様のオーダーに応えるため、ということで頑張ってきましたがあまりにも無理な要求に応えるために無理をすることにもまずは内部のマネジメントを行ってからにしないといけません。

これがないままに仕事を請けようとするのでどうしても無理が発生してしまうわけです。これを直さない限り、あらゆる職能がIT業界で仕事をすることに対してマイナスなイメージを抱くことは間違いありません。