神経をできるだけ使わない仕事をしたくなった

私は長く業務用に使うソフトを作るプログラマーとしてIT業界にいました。しかし、貯金を貯めることができたらIT業界をやめようとずっと思っていました。スキルの高いプログラマーは他の職業に比べると高い年収がもらえる職種です。そのためある程度IT業界で働けばしっかり貯金を作ることができます。私がIT業界を辞めた理由の一つが頭を使ってする仕事がしんどいと感じるようになったからです。ソフトを作る作業は大変で毎日頭を使い続ける仕事です。疲労がたまる生活に疲れたので、できるだけ神経を使わない仕事をしたくなりました。わたしが選んだ仕事はせどりです。安い商品を仕入れて通販で売る仕事なのですが、非常にやりがいを感じることができているので満足しています。非常に自分に合う仕事を見つけることができたのでもっと早くIT業界を辞めればよかったと思いました。もしIT業界を辞めたい人は生活するための十分な貯蓄をしてからIT業界を辞めたほうが生活に苦労しなくてすみます。